ウォーキングをして足の筋肉を鍛えた方が良いこともある

筋力の低下を防ぐ

私の旦那さんは今年、62歳になりました。

 

旦那さんは一級建築士として現役でまだ働いています。

 

若いころは、仕事の傍ら、学生時代から行なっていた、バレーボールを仕事が終わってからも行なうなど、体を動かすことが大好きでした。

 

今も60代になりましたが、仕事から帰って来て後や休みの日は、じっとしていることやゆっくりすることがなく、何か自分で見つけて、動いています。

 

そんな父ですが、3週間ほど前から、膝が痛いと言い出しました

 

普段、どこか痛いだの、調子が悪いだの言わない旦那さんなので、すごく驚きました。

 

旦那さんは仕事に支障をきたしたり、家の中を歩いたりすることに不自由があるわけではないですが、やはり痛い膝をかばってしまって、他の部分までもが痛くなってしまうということもあるということだったので、私も心配になり、整形外科に受診することをすすめました。

 

あまり病院に行きたがらない旦那さんでしたが、受診してもらうと、どこも悪くない。

 

年齢的なもので、多少の関節のスレ具合はあり、少し炎症気味だけどこれはもううまく付き合っていくしかないものです、と言われてしまいました。

 

ですが動かないのもダメということで、それから毎日、朝にウォーキングを始めました。

 

はじめのうちは痛みがあったようですが、やはりこれ以上悪化させないためにも、痛みの無い程度にウォーキングをして筋力の低下を防ぐことで膝への負担を減らすようにしています。


つらい関節の痛みを感じるようになったら

タマゴサミン