自己判断よりも、まずは痛みの原因を知りましょう

原因を正しく把握しよう

長年、立ち仕事をしたりデスクワーク等で同じ姿勢で仕事をしてきた人の身体は、酷使してきた部分から不調や痛みを生じるようになります。

 

なかなか厄介なもので、関節に痛みを感じるようになると、日々の生活にも支障が出ます

 

普段から無理の無い程度にストレッチ行なうことが1つの予防策ですが、なかなかその習慣を維持することも忙しい世代には難しいことでしょう。

 

そして、自己判断で良かれと思ってストレッチをしたところで、逆に痛めてしまうケースも少なくありません。

 

時には、整体師などの専門知識を持った人のもとへ通って、正しいストレッチ法や、痛みの根本的な理由を教えてもらうことが改善と予防のために良いです。

 

そして、痛みの原因によっては、温めるべきか冷やすべきかも違ってきます

 

逆の方法をとったことで、関節痛を悪化させてしまう場合もありますので、これについても専門家からのアドバイスを受けた方が良いです。

 

特に下半身の関節には自身の体重がかかり、負担も大きい部分ですので、酷使してしまった後はシッカリ休ませる時間をとることと、日頃から足首や膝にサポーターを着けることもお勧めです。

 

そして、正常な関節を維持するには、クッションとなる軟骨の減少を予防することも大切な要因です。

 

コラーゲンやヒアルロン酸をたっぷり摂取できるような食事を取り入れたり、サプリメントで補給することも1つの策です。

 

痛み止めの薬を飲むだけでは、その場しのぎで、いつの間にか手に負えないほど症状が悪化してしまう場合もありますので、いつもと違う感じがしたり、痛みが引かないと気付いた時には、まずは専門へ相談しましょう。

 

正しくアドバイスを受け、アドバイスを受けた後は、それを正しく実行することで、結果はずいぶん変わります。


つらい関節の痛みを感じるようになったら

タマゴサミン